多余的話

大沢武彦のブログです。

読了、関智英『対日協力者の政治構想』名古屋大学出版会、2019年

本書を読んだ時、この分野のマイルストーンとなるべき研究書であり、今後、日中戦争期を研究するであろう多くの人々にとって必読の書となるであろうと思った。

 

本書は、日中戦争後に国民政府や中国共産党から「漢奸」と呼ばれて批判された人々、すなわち日中戦争における対日協力者達の政治構想に焦点をあてて論じるものである。しかも、取り上げられる人物は汪精衛などを除けば、決して有名ではない人たちである。僕も率直に言ってこの本で名前を初めて知った人達だらけである。孫文蒋介石、そして毛沢東のような大物政治家ならいざしらず、そんな人達の政治構想や思想を知ったところで何になるのか、著者はこうした発想そのものを、大きく問うているような気がしてならない。

 

良いのか悪いのかはさておき、僕が思うに中国近現代史の進展とは「主体性」発見の道のりであったとも思っている。いささか説明が必要であろう。大昔、中国近現代史とは、毛沢東思想史と同義であり、国民政府や対日協力者はもとより、同じ共産党の政治家でさえ毛沢東の引き立て役であり、倒されるべき宿命をもった言わば悪役のプロレスラーとしかとらえていなかった。研究の進展はそうした政治勢力や人物たちを「人間」化し、「主体性」をもったプレーヤーとしての位置付けを与えたものであったと言える。

 

そして、本書を読んで、僕は中国近現代史がここまできたかとの感慨を思わざるを得なかった。そこで描かれる対日構想は、毛沢東蒋介石には及ばないのかもしれないが、彼らなりの葛藤や「主体性」を持って生み出されているものであるということが、ありありと本書では描かれている。

 

記述は非常に丁寧であり、特に各章の冒頭ではそれぞれ興味を引くようなイントロダクションが用意されている。中国の専門家だけなく、ひろく政治や思想全般に関心を持つ人にもお勧めできる本となっている。

 

 

対日協力者の政治構想―日中戦争とその前後―

対日協力者の政治構想―日中戦争とその前後―

  

読了、益尾知佐子『中国の行動原理』中公新書、2019年

日本を含めた世界各国と軋轢を起こす一党独裁の国、中国。

その背後には、何があるのか、それを中華思想や世界制覇の野心があると安易に論ずるのではなく、できるかぎり内在的にその論理を解明しようとする。こうした姿勢は大変に共感を覚えるし、はっとするような興味深い洞察を多くもたらしていると評価できる。興味深い中国論になっていると思われる。

 

冒頭の現代中国人の世界観や中華人民共和国以降の外交政策を論じた部分は、興味深く読んだ。そして、本書の白眉となるのが、いささか個別的ではあるが、広西チワン族自治区を取り上げる第5章と、国家海洋局をとり挙げた第6章になる。この事例は、中国は確かに一党独裁国家であるかもしれないが、それは決して一枚岩であることを意味するのではなく、いろいろなパワープレーヤーのぶつかり合いで一見矛盾するような政策が表れていることを明らかにしており、大変に興味深いものとなっている。

 

とは言え、いささか、歴史の部分で細かいことも気になったことは事実だ。

例えば、清王朝の後にできた中華民国は機能不全に陥った(40頁)と、僕からすると、その時の経験があっさりと切り捨てられているように見えたのは、違和感をもった。また、「満州族」が、日本と結託して新たな主権国家を作ろうとしたような記述(22頁)は、実態とだいぶ異なっていると思いました

 

そして、エマニュエル・トッドの成果を用いつつ、家族構造や組織論から中国を見る文明論的な視座はかなり違和感をもった。この点に関しては、中国史は分厚い研究の蓄積があると思うが、あまり参照されているような感じがしない。そして、良くも悪くも、自分とは「共同体」の言葉の使い方の違いがあるなぁと思ったし、著者の依拠する中国人の家族構造・組織構造も、それこそ中華民国期・中華人民共和国期に大きく変容を見せているのではないか。それこそ、中華民国期の近代化、社会主義改造、一人っ子政策などを考えてみれば良いのではないかとも思った。

 

とは言え、著者のような実績のある研究者が、堅実な学術論文のみに安寧するのでなく、時にはこうした思い切った中国論を書くことも非常に意義のあることと思っている。いろいろな意味でも、現在、読まれるべき現代中国論になっている。

中国の行動原理-国内潮流が決める国際関係 (中公新書)

中国の行動原理-国内潮流が決める国際関係 (中公新書)

 

 

2019年を少し振り返る(ライブ編)

この記事を書くために過去のTwitter等を読み返してますが、今年は結構、フェスにいってますね。良いライブも沢山見たような気がします。

 

  • 3月、ダウンロードフェスティバル

ヘイルストーム→アーチ・エネミー→アンスラサクス→ゴースト→サム41→スレイヤー→(少し)ジューダス・プリースト

大変に楽しかったですけど、1日でこれだけのバンドを見て、とても疲れたのを覚えてます。スレイヤーが大変に素晴らしかった。

 

名曲だらけのライブで大変に良かった。

 

f:id:takeosa75:20190522184601j:plain

1日目:レッドホットチリパイパーズ→ルート17ロックンロールオーケストラ→オリジナルラブジャネール・モネイエルレガーデン→ケミカルブラザーズ

2日目:怒髪天ドラゴンドラ→コートニーバネット→ASIAN KUNG-FU GENERATION→マーティンギャリックス

3日目:ハンガイ→アトミックカフェ→インタラクティーボ→Superfly→クルアンビン→(少しだけ)キュア-

二日目、雨でSIAが見られなかったが、今年も楽しかったフジロックであった。

 

東京スカパラダイスオーケストラロバート・グラスパーランシド→ダムド→レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

初めてのサマソニであったが、快適で大変に楽しかった。

 

これは大変に素晴らしかった。振り返れば今年一番のライブかな。今一番、勢いのある絶好調なミュージシャンという感じがしました。やや褒めすぎかもしれませんが、マイルスとかコルトレーンもこんな感じだったのではと思うほどでした。

 

f:id:takeosa75:20190902182318j:plain

 

これまた、僕にとっての日本で最高のバンドのライブ。かなりの回数、見ているはずなのに、やはり大変に素晴らしく感動した。良かった。f:id:takeosa75:20191206221653j:plain

来年も良いライブを見たいものです。

 

2019年を少し振り返る(音楽編)

今年も、昔の音楽ばかり聞いてました。回数を数えた訳でないが、たぶんボブ・ディランの以下のCDは今年一番聞いていたような気がします。

 

Rolling Thunder..-Box Set

Rolling Thunder..-Box Set

  • アーティスト:Bob Dylan
  • 出版社/メーカー: Columbia
  • 発売日: 2019/06/07
  • メディア: CD
 

 

また、ブルース・スプリングスティーンのこのライブ盤は素晴らしかった。

live.brucespringsteen.net

 

さらに、今年は、今更ながらファラオ・サンダースの素晴らしさに気づいて、よく聞いていました。

 

最近は、全く期待せずに聞いた、ローリングストーンズの最新ライブ盤と、ザ・フーの最新アルバムが、これが結構良くて驚いた。

 

 

 

【メーカー特典あり】 WHO(SHM-CD)【特典:公式ロゴ缶バッヂ付】

【メーカー特典あり】 WHO(SHM-CD)【特典:公式ロゴ缶バッヂ付】

 

 後者については、まだまだ格好いい曲を書けるんだ。別にそんな歌詞を読み込んでいないけど、「アイ・ドント・ワナ・ゲット・ワイズ」とか、なんてロックなタイトルだなーと思いました。両者とも来年あたりに、来日してくれないかと素直に思いました。

 

 

 

【宣伝】アーキビスト養成・認証制度 調査報告書(令和元年11月)(PDF)など

国立公文書館で発表されたアーキビストの養成・認証制度構築のための調査報告書です。

日本・アメリカ・イギリス・オーストラリア・フランス・韓国・中国の事例をまとめております。私は中国部分を担当しました。ご参考になれば、大変嬉しいです。

http://www.archives.go.jp/about/report/pdf/archivist_report_R01.pdf

 

あとは、少し時間が経ちましたが、『現代中国』第93号に隋藝さんの『中国東北における共産党と基層民衆 1945-1951』の書評も書きました。こちらもご笑覧頂きたく思います。

http://www.genchugakkai.com/archive/mc/mc93.pdf

 

 

 

 

読了、峯村健司『潜入中国』朝日新書、2019年

どうも最近、いやひょっとするともっと前からなのかもしれないが、中国がさらにおかしなことになっているようだ。前にも書いたように、ここ最近中国に行っていないような身でありながらでさえ、少し分かってきた。

 

現在、率直に言うと前のように、気軽に中国に資料調査などに行けなくなってしまった。そういう時に、同書を手に取って読んだ。奇しくも「潜入」とある。大変に読みやすくて、あっというまに読み終える。

 

著者が実際に体験し、聞き取った箇所は大変に面白い。中国当局に取り調べを受けている様子やサイバー攻撃を受けての被害の状況などは体験者ならではの臨場感がある。

そして、この本の最後は、入国の時に指紋を採られ、監視社会の中に入る箇所での叙述で終わっている。ハイテク技術は、犯罪者の逮捕には有効かもしれないが、特派員にとっては大きな脅威だという。外国人研究者とてそれは例外ではないかしれない。縦横無尽に取材できた最後の特派員になるかもしれないという記述は重い。

 

また、個人的には、中国人民解放軍の現代化やサイバー化の話などは、阿南友亮さんの著書とかと付き合わせると面白いのではないかと思った。

潜入中国 厳戒現場に迫った特派員の2000日 (朝日新書)

潜入中国 厳戒現場に迫った特派員の2000日 (朝日新書)

 

 

幸福な監視国家・中国 (NHK出版新書)

幸福な監視国家・中国 (NHK出版新書)

 

 

 

中国はなぜ軍拡を続けるのか (新潮選書)

中国はなぜ軍拡を続けるのか (新潮選書)

 

 

いただきもの。多謝!及川琢英『帝国日本の大陸政策と満洲国軍』

著者の及川琢英さんから頂きました。ありがとうございます!

及川さんの論文については、実はかなり読んでいる自負はありますが、改めて勉強し直す良い機会を与えられたと思います。

 

自分はもらってばかりで、人にあげる論文等をはやく書かねばと思っている今日この頃です。

 

帝国日本の大陸政策と満洲国軍

帝国日本の大陸政策と満洲国軍